加賀れんこんの黒ゴマパスタ

加賀れんこんの黒ゴマパスタ

材料(4人分)

ペンネ 150g
加賀れんこん 120g
黒すりゴマ・粉チーズ 各大さじ2
しょうゆ 大さじ1
こしょう 少々
ペンネのゆで汁 大さじ3
水菜 適量

作り方

  1. 加賀れんこんは皮をむき、酢水につけてアクを抜き、2〜3ミリ厚さのいちょう切りにしておく。
  2. たっぷり熱湯に塩を入れ、ペンネをゆでる。途中、1のれんこんを加え、火が通ったらざるにあげ、ゆで汁をきる。
  3. ボウルに黒すりゴマ、粉チーズ、しょうゆ、こしょう、ゆで汁を合わせ、2のペンネ、れんこんを加えて、からめる。
  4. 器に3を盛り、水菜を散らす。

使用食材

加賀れんこん

「加賀野菜」としてブランド認定されている「加賀れんこん」は、加賀五代藩主前田綱紀の頃から栽培されていたと伝えられている。当初は「ハスノ根」として上層武士間で食用(薬用)として供されていたといわれている。 その後、金沢市内小坂地区大樋町一帯で栽培されるようになり、加賀の特産物になった。
現在も小坂地区では、クワ掘りで収穫され、泥付きのまま出荷されている。他産地のレンコンに比べ、澱粉質が多く、粘りが強い。形は太くて節間が短く、肉厚である。

講師プロフィール

中田 悠紀彦 先生

中田悠紀彦先生

中田 悠紀彦 先生

中田料理学園園長。
1946年生まれ。大学卒業後、大阪日本調理師学校・料理コースで料理を学んだ後、金沢にて30年以上にわたって料理を教える。
県内各地で行っている料理講習会は、家庭料理を中心とした和食・洋食・中華料理、お菓子などの専門料理まで幅広い内容で、受付後すぐに定員に達する講座もあるなど好評を博している。
テレビ金沢「じゃんけんぽん」金曜日の料理コーナーに10年以上にわたって出演したほか、グルメ旅番組やコメンテーターとしても活躍。ラジオクッキング「春夏秋冬」や読売新聞紙上での長年にわたる連載など、現在までにテレビ・新聞等で紹介したメニューは1,300以上。全国郷土料理コンクールでも4年連続で受賞するなど、幅広く活躍。

Pick upピックアップ

  • パスタは太る?
    その思い込みがひっくり返る!

  • パスタの疑問!パスタの誤解?

  • 国際果実野菜年2021

    『国際果実野菜年2021』
    果実・野菜を使ったレシピを探す