鶏ささ身とトマトの冷製パスタ

鶏ささ身とトマトの冷製パスタ

材料(2人分)

スパゲッティ 160g
鶏ささ身(筋なし) 120g
トマト(熟したもの) 大1個
きゅうり 1本
パセリ(みじん) 少々
塩・こしょう・サラダ油 適宜

A

トマトジュース(有塩) 1/2カップ
レモン汁 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1・1/2
小さじ2/3
砂糖 ひとつまみ

作り方

  1. 鶏ささ身は切り開いて、塩・こしょうし、下味を付けておく。
  2. フライパンにサラダ油大さじ1/2を熱し、1の鶏ささ身を両面焼いた後取り出し、冷めたらむしっておく。
  3. きゅうりは縦半分に切り、斜め薄切りにし、塩少々振り、10分程おいて、水気を絞る。
  4. Aの調味料を合わせて冷やす。
  5. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩(1?に小さじ2の割合)を入れ、ヘタをとったトマトを入れて皮をむき、細かく刻む。
  6. 5の鍋湯でスパゲッティを表示通りにゆで、ザルに取り、冷水で冷やし、水気をきる。
  7. ボールに4と鶏ささ身、きゅうり、トマトを加え、スパゲッティを入れて和え、パセリを加える。

使用食材

【うれっ娘トマト】JAたかさき

トマトは昼温と夜温の差が大きいと味がよくなると言われています。ビニールハウスを用いての長期促成栽培ができる好条件が揃った高崎市は、栽培に適した土地といえます。
『うれっ娘トマト』は「麗容」という、酸味と甘みのバランスが良い優良品種。そのまま食べても、サラダの付け合わせにも、ジュースにしてもおいしいと評判で、高崎市の特産品として商標登録を取得した独自のブランドトマトです。

講師プロフィール

田口 成子 先生

田口成子先生

田口 成子 先生

料理研究家。
基本をきちんとふまえた上で、作りやすくて味のよい家庭料理を提案する料理研究家。ひと手間・ひと工夫でさらにおいしくなるレシピ定評がある。イタリアにも1年間滞在し、家庭料理を学ぶ。地域の女性センターなどで料理指導をするかたわら、雑誌、テレビなどでも活躍中。

Pick upピックアップ

  • パスタは太る?
    その思い込みがひっくり返る!

  • パスタの疑問!パスタの誤解?

  • 国際果実野菜年2021

    『国際果実野菜年2021』
    果実・野菜を使ったレシピを探す