HOME レシピを探す > 春を楽しむ、うるいと生ハムのパスタ

みんなのパスタレシピ

春を楽しむ、うるいと生ハムのパスタ

人気度

この時期ならではの旬の野菜を使いました。

by epicurean

  • お気に入りリストに登録する
  • お気に入りリストを見る
  • 印刷用ページを表示する

材料(2人分)

うるい 1パック
生ハム(薄くスライスされたもの) 8枚
生食用玉ねぎ 中サイズ1/4個
細めパスタ(1.4ミリ 5分ゆで) 200グラム
オリーブオイル 大匙3
ガーリック 2かけ
鷹の爪 1本
フレッシュ生クリーム 80cc

作り方

  • 1.うるいを流水で洗い、水気をふきとって5センチ幅に切ります。葉先の緑色の部分は、生ハムとともによけておきます。
  • 2.生ハムは直径10センチくらいのものを1/4大に切ります。
  • 3.生食用玉ねぎは7ミリ幅のくし形に切ります。
  • 4.ガーリックは薄くスライス、鷹の爪は種を取り出して小口切りにします。
  • 5.たっぷりのお湯を沸かし、塩を入れてパスタを既定の茹で時間マイナス1分ゆでます。パスタをゆでている間にソースを作ります。
  • 6.熱したオイルでガーリックと鷹の爪を軽く炒め、基本のアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノのソースの味を作ります。
  • 7.生食用の玉ねぎ、うるいの白い茎の順にフライパンに加え、少ししんなりするくらい火を入れてすぐ加熱をやめます。
  • 8.パスタの茹で汁を大匙1杯加え、フライパンをゆすって油と水分をなじませます。そこへゆであがってお湯を切ったパスタを一気に加え、ふたたび中火にかけながらソースがパスタに絡むように合えます。長くても1分以内。
  • 9.火をとめたらすぐににうるいの緑の葉を加えます。余熱で十分火が通ります。
  • 10.仕上げに生クリームを回しかけ、もう一度さっくり混ぜ合わせてお皿に盛ります。生ハムとうるいの緑がバランスよく見えるよう、きれいに生ハムを散らします。

メモ

うるいは、山形県地方の山菜で、独特のぬめりある食感が特徴です。お浸しなどで食べますが、油とも相性が良く、味にはあまり癖がありませんので、生ハムでうまみを補っています。生食用の玉ねぎもこの時期だけのものですので、旬の野菜の繊細な味と鮮やかな色を楽しむため、火はくれぐれも入れすぎないよう、手早く仕上げます。
ガラス越しの日差しに思わず笑顔がこぼれるランチタイムに、たっぷりのスパークリングミネラルウォータと一緒にお召し上がりください。気分はもう春!

このレシピを評価する

あなたにおすすめのパスタ お探しにぴったりのレシピをおすすめします。

潮の香りのアサリのスープパスタ
わかめとアサリの磯の風味が美味しいスープパスタ

by けんたろう

うまみたっぷりボンゴレ
安くて美味しそうなあさりが手に入った日にはオリーブオイルたっぷりのボンゴレ。

by ton

QRコードでこのレシピにアクセスする

携帯電話のカメラで左のQRコードを読み取り、簡単にレシピページにアクセスすることができます。
※QRコード対応の携帯電話のみ使用することができます。