HOMEパスタを知るパスタ辞典 > パスタの歴史

パスタ辞典

パスタの歴史

冒険家マルコ・ポーロが中国から麺を持ち帰ったのがスパゲッティのはじまり」とか、「いやいやイタリアには それ以前からマカロニがあった」とか、イタリアでのパスタの起源に関する説はいろいろありますが、とにかく、現代のようにソースとからめて食べるパスタ料 理がイタリアに普及しはじめたのは、※17世紀のトマトとの出会いがきっかけでした。そして、17世紀半ばをすぎるころから、パスタ料理はイタリアから世界に広がっていきました。

※新大陸からイタリアにトマトが上陸したのは16世紀ですが、パスタ料理に使われる食用トマトが出現したのは17世紀です。

世界の主な国の消費量 (年間1人当たり/kg)

日本で初めてパスタが作られたのは明治16年(1883年)頃、フランス 人宣教師マリク・マリ・ド・ロ神父が、長崎県長崎市外海町に煉瓦造・平屋建の マカロニ工場を建設し、製造したのが最初といわれています。昭和初期から、国 産化が進みましたが、当時はまだ珍しく、ホテルや一流レストランでしか口にで きませんでした。

日本の消費量の推移

一般化したのは、イタリアから全自動式パスタ製造機が輸入されるようになった昭和30年代以降のこと。その ころの国産パスタは、日本人の味覚や食感の好みに合わせて、複数の小麦粉をブレンドして作られていました。やがて、海外旅行に出かける人が増えたり、イタ リアンレストランのブームなどで日本人のパスタの好みも変わり、昭和61年(1986年)頃からデュラム・セモリナ100%の国産パスタが家庭でも使われ るようになりました。そしていまやパスタは。私たち日本人の家庭料理としても楽しまれ愛される食材となったのです。