ご当地パスタレシピ

新潟県 新潟市
ご当地食材「かぐらなんばん」

かぐらなんばんと魚介のクリームパスタ

かぐらなんばんと魚介のクリームパスタ

材料(2人分)

  • スパゲッティ
    200g
  • かぐらなんばん
    2個
  • にんにく
    1カケ
  • えび
    100g
  • ツナ缶
    1個
  • 白ワイン
    100cc
  • 牛乳
    1カップ
  • サワークリーム
    50g
  • 小麦粉
    大さじ1
  • オリーブ油
    大さじ2
  • 適量

作り方

    • 1
    • かぐらなんばんは1個は種ごと、もう1個は種を取り除いて2cm角に切る。
    • 2
    • にんにくはスライス、えびは殻を取って2cm長さに切る。
    • 3
    • フライパンにオリーブ油、にんにくを入れて火にかけ、香りが立ったら1を入れて炒める。しんなりしたらえび、ツナ(油ごと)を入れて炒め、小麦粉を加えて混ぜる。
    • 4
    • 白ワイン、牛乳を少しずつ入れて混ぜ合わせ、とろみがついたらサワークリームを加える。塩で味を整え、アルデンテにゆでたスパゲッティを加えて混ぜ合わせる。

使用食材

かぐらなんばん

後援・協賛:山古志かぐらなんばん保存会

かぐらなんばん

かぐらなんばんは、ピーマンよりひとまわり小さいコロッと太った唐辛子です。肉厚でピリリとした爽やかな辛味が特徴です。しわの寄ったゴツゴツとした形をしており、その形が神楽面に似ていることから、「かぐら」の名が付きました。鷹の爪などとは異なり、特に辛いのは、種とその周囲の白い隔壁の部分です。
旬は、7月中旬〜9月下旬で夏野菜(ミョウガ、きゅうり、なす)と一緒にした塩もみ、素揚げ、みそ焼き、醤油漬け、みそ漬けなど幅広い料理法があります。農家では赤く色づいた実を細かく刻んで、麹と塩で漬け込んだものを常備食として楽しんでいます。

講師プロフィール

中島有香 先生

中島有香 先生

大阪市出身、新潟市在住。
1988年に渡仏し、パリでフランス家庭料理を学ぶ。帰国後、東京で料理研究家として活躍。94年に結婚を機に新潟に暮らす。新潟の豊富な素材に感謝しながら、料理教室、テレビ、ラジオ等で季節感たっぷりのオリジナル料理を提案している。利き酒師、新潟清酒名誉達人として、日々研究と称して地酒のおいしさに酔いしれている。夫と娘の三人家族。

トップページに戻る