ご当地パスタレシピ

香川県 高松市
ご当地食材「まんば(ひゃっか)」

まんばとイリコアンチョビのパスタ

まんばとイリコアンチョビのパスタ

材料(2人分)

  • スパゲッティ
    160g
  • まんば(ひゃっか)
    4枚
  • イリコ
    6尾
  • にんにく
    1片
  • 唐辛子
    1本
  • クリームチーズ
    40g
  • ┗胡椒
    少々
  • ┗オリーブ油
    小さじ2
  • オリーブ油
    大さじ2
  • 適宜

作り方

    • 1
    • イリコは頭・内臓・骨をとり、100㎖の水に15分浸ける。水気を拭き取り、オリーブ油大さじ2に浸けておく。※イリコだし(浸け汁)はおいておく。
    • 2
    • まんばは塩茹でして水に取り、細く切る。にんにくはスライス、唐辛子は種をとっておく。クリームチーズはさいの目に切り、オリーブ油と胡椒をまぶしておく。
    • 3
    • 2ℓのお湯に塩小さじ4を加え、スパゲッティを茹で始める。
    • 4
    • 1のイリコとオリーブ油をフライパンに入れ、2のにんにく、唐辛子とともに弱火で熱する。カリッと焼けてきたら、すべてペーパーに取り出す。唐辛子は小さく砕く。
    • 5
    • 2のまんばを加えて炒め、イリコだしを入れて味を調える。茹でたてのスパゲッティをフライパンに移して混ぜ合わせ、2のクリームチーズと4のイリコ、にんにく、唐辛子とともに盛付ける。

使用食材

まんば(ひゃっか)

後援・協賛:かがわ農産物流通消費推進協議会

まんば(ひゃっか)

11月から4月が旬の高菜の一種で、香川全域で栽培されている地域特産野菜です。県の東では「まんば(万葉)」、西方では「ひゃっか(百華)」と呼ばれます。有色野菜の少ない冬に深緑から暗紫色の大きな葉を伸ばし、外側から葉を取っても次々と旺盛に芽吹くので、「万葉」の名になったと言われます。ビタミンCはホウレンソウの2倍。寒くなるほど柔らかくなり甘味が増します。地元ではアク抜きをする独特の郷土料理「まんばのけんちゃん」「ひゃっかのせっか」として親しまれています。

講師プロフィール

山中美妃子 先生

山中美妃子 先生

料理研究家。
高松市で『ジュヌヴィエーヴ料理教室』を主宰。香川県食農アドバイザーとして、香川県全域で料理講習会、講演会を多数開催するほか、香川県の県産品食材を使った料理イベントの講師や学校給食の献立開発、お魚伝道師講座にも携わる。さらに高松三越でも、旬の食材を使った家庭料理レシピを毎月提案・紹介するなど幅広く活躍中。高校生の子供達に作ったお弁当ブログも人気で更新中。

<主な実績(テレビ出演等)>
瀬戸内海放送(TV)「にこまるキッチン」や西日本放送(ラジオ)「グルマンタイム」で長年レギュラーを務める他、四国新聞の料理コーナーでも家庭料理を紹介。

トップページに戻る