パスタをおいしくする脇役たち

パスタ料理を作る上で欠かせないベーシックなアイテムの使い方をご紹介します。

美味しさの鍵を握る、オリーブオイルのベーシックな使い方

動画で知る

読んで知る

パスタ料理の中で最もシンプルなのに奥深いアーリオオーリオの作り方に沿ってオリーブオイルの使い方のポイントをご紹介します!

  1. スパイスの香りを移したオイルソースの準備

    火を入れる前のフライパンに、オリーブオイル、ニンニク、唐辛子を入れ、火にかけます。火加減は、ニンニクが焦げないように弱火にしましょう。香りづけできたら一旦ニンニクを取り出します。(最後の仕上げに使います)

  2. パスタとオイルソースをしっかり馴染ませるための“乳化”

    香りを出したオイルのなかに、レードル1/3ぐらいの「ゆで汁」を投入。火加減は、中火から弱火にします。

  3. 仕上げの香りづけは上質なオイルで

    仕上げに、香りづけとしてオリーブオイルをまわしかけます。上質なオイルなら、より香りがたってソースのおいしさが際立ちます。

このページのTOPへ

香りでワンランクアップ!ニンニク使いのコツ

動画で知る

読んで知る

ニンニクの切り方は、料理によって使い分けが大切!
パスタ料理によく使われる3種類の切り方をご紹介します。

  1. みじん切り

    みじん切りは、ボロネーゼのようなひき肉などの具と一体化させたいものに使います。またトマトソースなどでも、ニンニク風味をしっかりつけたい場合もおすすめ。

  2. 半割り

    香りを出したオイルのなかに、レードル1/3ぐらいの「ゆで汁」を投入。火加減は、中火から弱火にします。

  3. 輪切り

    輪切りの場合は、主にアーリオオーリオ。ステーキなどのトッピングなどにも使われます。食べる時、口に入れるニンニクの量を、自分で調整できるのもポイント。

その他ニンニク使いのポイント

  • ニンニクを選ぶ際は、香りがよい国産のものがおすすめ。
  • ニンニクの芽をとるのが、ニンニク使いのコツ!ニンニクの芽は焦げやすく、火を通すと苦味が強くなってしまいます。
  • みじん切りや輪切りは焦げやすいので、中火〜弱火でゆっくり温めるとよいでしょう。

このページのTOPへ

美味しさを引き立てるバジルの上手な使い方

動画で知る

読んで知る

パスタ料理で生バジルを使う際、仕上げにちぎってパスタの上に散らす使い方がおすすめです。
生バジルを活かしたパスタソースをご紹介します!

  1. ジェノベーゼソース

    他の具材を先にミキサーにかけ、 最後にバジルを入れることでバジルの香りが引き立ちます。

  2. トマトソース

    茎と葉を直接加えることで、香りがほのかにソース全体につきます。加熱後バジルは、取り出します。

乾燥バジルの場合

  • オリーブオイルに加えて香りを出します。使う量は生の場合より少なめに。

このページのTOPへ

濃厚な世界が広がる、パルメザンチーズの使い方

動画で知る

読んで知る

コクのある香りや風味、濃厚な味わいを楽しみたいのであれば、粉チーズよりもブロックがおすすめ。
ブロックチーズは、熟成期間もながく、賞味期限も一般的に150日近くあるため、きちんと保存すれば、日持ちします。

パルメザンチーズは、フライパンの中で和えると溶け、香りが強く出ます。また、お皿の上にパスタを盛り付けたあと、パルメザンチーズをかけるとより香りが広がります。

その他チーズ

  • グラナパダーノ
    廉価なグラナパダーノは、パルメザンチーズの代わりに使用することができます。

  • ペコリーノロマーノ
    パスタによってはペコリーノロマーノを使うと、個性的な風味になります。

このページのTOPへ

パスタ上手へ。パスタツールの上手な使い方

動画で知る

読んで知る

家庭でよく使われるパスタツールをご紹介します!

  1. チーズグレーター

    チーズグレーターがあると、パルメザンチーズなどの硬いチーズをすりおろすのにとても便利です。右図のように簡単にブロックチーズをすりおろせます。

  2. トング

    トングは材料をつかむだけでなく、混ぜたり、盛り付けたりとパスタ料理を作る上で欠かせないツールです。パスタの盛り付け時にひねるように使うと、盛り付けに立体感が生まれます。

トップページに戻る