パスタに関する基礎知識

スパゲッティはパスタの一種

パスタとは、小麦粉と水を練り合わせて作られた食品のこと。スパゲッティやマカロニなどの麺の総称です。

日本では、農林産物や食品などの規格や品質表示を定めた日本農林規格(JAS)により、「マカロニ類の日本農林規格」という規格でパスタが制定されています。
JASでは下図のようにマカロニ類を形状別に4つに分類しています。

マカロニ 2.5mm以上の太さの管状又はその他の形状(棒状又は帯状のものを除く)に成形したもの。
スパゲッティ 1.2mm以上の太さの棒状又は2.5mm未満の太さの管状に成形したもの。
バーミセリ 1.2mm未満の太さの棒状に成型したもの。
ヌードル 帯状に成型したもの。

出典:マカロニ類の日本農林規格に係る規格調査結果

パスタがおいしくなる小麦粉 デュラム・セモリナ

パスタは小麦の中でもパンや天ぷら粉に使われる小麦とは種類が違うデュラム小麦を粗挽きにしたデュラム・セモリナを原料とします。その特長は、良質のたんぱく質を多く含み、弾力性に富んでいるので生地の形成がしやすく、ゆでてもコシが強く形がくずれにくいこと。まさにパスタにぴったりの小麦粉です。

デュラム小麦は地中海沿岸、中近東、アメリカ、カナダなどの各地で生産されていますが、国産パスタには、カナダやアメリカで生産された、たんぱく質含有量の多い良質のものが使われています。

様々な工程を経てパスタは作られる

パスタ工場での製造工程は以下の7工程になります。詳しくは「 バーチャル・パスタ工場 」 をご覧ください。

トップページに戻る