HOMEご当地パスタレシピ > 山形おかひじきとペンネのカルボナーラ仕立て

山形県 ご当地食材 山形市 「山形おかひじき」

山形おかひじきとペンネのカルボナーラ仕立て

材料

(4人分)
  • ペンネ
    200g
  • おかひじき
    200g
  • オリーブオイル(A)
    大さじ3
  • 塩(A)
    小1/2
  • 生クリーム(A)
    200ml
  • 卵黄(A)
    2個
  • 蜂蜜(A)
    小さじ1
  • にんにく(みじん切り)
    1片分
  • なす
    1個
  • ミニトマト
    5個
  • バター
    大さじ2
  • 塩・こしょう
    適量

作り方

  1. おかひじきは、根本を1cm切り離し、のこりを3等分に切り、さっとゆで、フードプロセッサーにかける(又はみじん切りにしておく)。
  2. なすは1.5cmの輪切りにし、水に入れてアクを抜く。ミニトマトは軸を取り4つに切る。
  3. 塩を加えたたっぷりの湯で、ペンネをアルデンテにゆでる。
  4. フライパンにバターを加えて、2のなす、ミニトマトを炒め、軽く塩・こしょうしておく。
  5. アルデンテにゆでた3のペンネを4に加えてさっと炒める。
  6. 別のフライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくのみじん切りを香りがたつほど炒め、Aの調味料を加え卵黄に少々火が通ったら1のおかひじきペーストを加えてソースとする。
  7. 6のおかひじきソースに4と5のペンネを和えて盛りつける。
【山形おかひじき】

「おかひじき」は、野草から野菜として栽培されるようになった珍しい食材です。その名の由来は、外観が海草のヒジキに似ていたことからついたもので、海のない山形が主産地です。
味や香りにクセがなく、栄養的には、カロチン、カリウム、カルシウム、ビタミンAなどミネラル分が豊富なのも大きな特徴です。
塩を加えた沸騰湯で1分ほどゆで、冷水に浸せば美しい緑色を残すことができ、シャキシャキとした独特な歯ざわりが楽しめます。また、からし醤油やドレッシングで和えても美味しくいただけます。

講師プロフィール

吉田 久子 先生
山形中央クッキングスクール校長
山形県料理学校協会長、東日本料理学校協会名誉理事、ローズヒップ愛好会代表などの役職を歴任。また地産地消を推奨する懐石風レストラン『久味善』のオーナーとして店舗も手掛ける。
さらに県内の各TV番組への出演、食材をはじめ各種イベントの講演、料理講習会の講師や食品コンサルタントとして多方面で活躍中。また、内閣府の「食育ボランティア」に関する表彰をはじめ、全国料理学校協会や東日本料理学校協会・功労賞、山形県・市/産業商工観光・功労賞など多数受賞。
<主な著書>
「創ります郷土の味」(みちのく書房刊)、「ローズヒップでつるつる美肌になる」(リヨン社刊)、「不思議発見山形の味」(山形市監修)など。