HOMEご当地パスタレシピ > ほたるいかとキャベツのスパゲッティ

富山県 ご当地食材 「ほたるいか」

ほたるいかとキャベツのスパゲッティ

材料

(2人分)
  • スパゲッティ
    200g
  • ほたるいか(ボイルしたもの)
    120g
  • キャベツ
    1/4個
  • にんにく
    1片
  • アンチョビ
    4枚
  • オリーブ油
    大さじ3
  • 塩、こしょう
    各少々

作り方

  1. ほたるいかは目とくちばしをつまんでとり、半分は包丁で粗く刻む。にんにく、アンチョビはみじん切りにする。キャベツはひと口大にちぎる。
  2. スパゲッティは塩(分量外)を加えた湯でゆでる。ゆで上がり1分30秒前にキャベツを加えて一緒にゆでる。
  3. フライパンにオリーブ油、にんにくを入れて熱し、薄く色づいてきたら、アンチョビと刻んだほたるいかを加えて炒める。スパゲッティのゆで汁適量、残りのほたるいかを加える。
  4. ゆで上がった2を加え、スパゲッティのゆで汁適量、塩、こしょうで味を調える。
Point:
半量はそのまま、半量は刻んで加え、うまみ、食感を最大限に生かします。
【ほたるいか】

体長5cmほどの小さないか。日本海沿岸で広く漁が行われますが、特に富山湾産のものは良品。富山湾での網揚げは観光名物にもなっています。鮮度が落ちやすく、水揚げ後すぐに釜ゆでされることが多いのですが、旬の3〜4月には生のものも。目とくちばしをとって調理すると、口当たりよく仕上がります。

日本パスタ協会監修