HOMEご当地パスタレシピ > 小松菜の和風ボンゴレ

東京都 ご当地食材 「小松菜」

小松菜の和風ボンゴレ

材料

(2人分)
  • スパゲッティ
    200g
  • 小松菜
    1/3束
  • あさり(殻つき)
    300g
  • にんにく
    1/2片
  • 1/2カップ
  • オリーブ油、バター
    各大さじ1
  • 塩、こしょう
    各少々

作り方

  1. あさりは塩水につけて砂抜きをし、殻をこすり合わせるようにして洗う。小松菜はざく切り、にんにくはつぶす。
  2. スパゲッティは塩(分量外)を加えた湯でゆでる。ゆで上がりの1分前に小松菜を加え、一緒にゆでる。
  3. フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて熱し、香りが出たら、あさりを加えてひと炒めし、酒を加えてひと煮立ちさせ、ふたをする。
  4. あさりの口が開いたら、2、バターを加え混ぜ、塩、こしょうで味を調える。
Point:
酒蒸ししたあさりを合わせて和風仕立てのひと皿に
【小松菜】

現在の東京都江戸川区、小松川近辺で栽培され始めた青菜で、徳川吉宗が鷹狩りに訪れた際に献上され、小松菜と名づけられたといわれています。β−カロテン、ビタミンC、カルシウムなど栄養豊富。旬の冬には葉が厚く、やわらかくなり、甘みが出ます。

日本パスタ協会監修