HOMEご当地パスタレシピ > 小松菜のサラダパスタ

東京都 ご当地食材 「小松菜」

小松菜のサラダパスタ

材料

(2人分)
  • マカロニ
    80g
  • 小松菜
    3株
  • トマト
    1個
  • ベーコン
    2枚
  • A オリーブ油
    大さじ3
  • A 白ワインビネガー、
    フレンチマスタード
    小さじ2
  • A 塩、こしょう
    各少々
  • 温泉卵
    2個
  • パルメザンチーズ
    大さじ2

作り方

  1. 小松菜は3cm幅のざく切り、トマトは乱切りにする。ベーコンは2cm幅に切る。ボウルにAを合わせておく。
  2. フライパンを油をひかずに熱し、ベーコンをカリッと炒める。
  3. マカロニは塩(分量外)を加えた湯でゆでる。ゆで上がったら、Aのボウルに加え混ぜる。
  4. 粗熱がとれたら、小松菜、トマト、2を加え混ぜ、器に盛り、温泉卵をのせ、チーズをふる。
Point:
アクが少ないから、生で食べてもおいしい
【小松菜】

現在の東京都江戸川区、小松川近辺で栽培され始めた青菜で、徳川吉宗が鷹狩りに訪れた際に献上され、小松菜と名づけられたといわれています。β−カロテン、ビタミンC、カルシウムなど栄養豊富。旬の冬には葉が厚く、やわらかくなり、甘みが出ます。

日本パスタ協会監修