HOMEご当地パスタレシピ > 夏野菜のスパゲッティ

栃木県 ご当地食材 宇都宮市 「トマト」

夏野菜のスパゲッティ

材料

(2人分)
  • スパゲティ
    250g
  • なす
    2本
  • パプリカ(赤、黄)
    各1/2 個
  • ズッキーニ
    1本
  • ベーコン(スライス)
    3枚
  • トマト(完熟)
    1個
  • オリーブ油
    大さじ2〜4
  • にんにく
    1カケ
  • バジル
    4〜5枚
  • 白ワイン
    大さじ3
  • 小さじ1/2
  • コショウ(粗びき)
    少々

作り方

  1. なす、ズッキーニは皮をマダラむきにして、1.5cm角のサイコロ状に切る。パプリカは種を取り、同様の1.5cm角に切る。
  2. トマトは皮をむきし、横半分に切って種を取り、1.5cm角に切る。ベーコンは細く切り、にんにくはつぶす。
  3. たっぷりの湯に塩を加え、スパゲティをアルデンテにゆでる。
  4. フライパンにオリーブ油を半量入れ、つぶしたにんにくをゆっくり炒めて取り出す。次にベーコンを加え脂が出てくるまで炒める。
  5. 4になす、ズッキーニ、パプリカを加え更に炒める。半分火が通ったら塩をふり入れ、更に白ワインを加え、野菜に完全に火を通す。
  6. 5のフライパンにトマトとちぎったバジルを加え、ひと混ぜしたところにゆで上がったスパゲティを加え、ザッと混ぜ合わせる。
    粗びきコショウをふって味を整える。
  7. 器に盛りつけ、好みでバジルの葉を添える。
【宇都宮産トマト】
後援・協賛:JAうつのみや/うつのみや農産物ブランド推進協議会

「宇都宮産トマト」は、昭和23年頃から栽培が開始され、県内でも草分けの存在として栽培された野菜であり、現在では冬春・越冬・半促成・夏秋・抑制の5作型に分けられ、主に清原及び城山地区で栽培され、年間を通じて出荷できる体制が整備されています。
JAうつのみや管内の生産農家の努力により、最近では甘くておいしいトマトが生産されるようになり、その8割を桃太郎系品種が占めています。
宇都宮のトマトの中で、特に形が良く、糖度が7度以上(普通のトマトの糖度4〜5度)のものを『Premium(プレミアム)7』と称し、黒塗りの箱に詰め、差別化し商品販売をしています。

講師プロフィール

吉野ひろみ 先生
アサヒクッキングスクール 校長。
栃木県宇都宮市出身。大学を卒業後、母親の経営する「アサヒクッキングスクール」に勤務。
フランス「コルドンブルー」、台北市「フーペイメイ料理学校」にて学び、現在、アサヒクッキングスクール校長、(株)アサヒフーズ代表取締役社長を務める。
地元、とちぎテレビ(GYT)開局時から、同局の料理番組「楽らくクッキング」の構成・料理を担当。その他に、日本テレビ(NTV)の「幸せの食卓」の料理制作も担当する。
郷土の食材を生かした料理の提案、食育に関する講演、農村レストランのメニュー開発・指導等、幅広く活躍中。

【取得資格】
管理栄養士/食育インストラクター1級/全国料理学校協会師範1級