HOMEご当地パスタレシピ > 豚肉とれんこんとなすのスパゲッティ

石川県 ご当地食材 金沢市 「加賀れんこん×ヘタ紫なす」

豚肉とれんこんとなすのスパゲッティ

材料

(2人分)
  • スパゲッティ
    180g
  • 豚こま切れ肉
    150g
  • れんこん
    150g
  • なす
    300g
  • プチトマト
    8ヶ
  • にんにく
    1片
  • パセリ
    少々
  • 赤唐辛子
    1本
  • いしる
    小さじ2
  • 少々
  • こしょう
    少々
  • オリーブオイル
    大さじ2.5

作り方

  1. 豚のこま切れ肉は一口大に切り、塩、こしょうします。
  2. なすは、ヘタを取り、一口大の乱れ切りにし、塩小さじ1/2を振り、15分程度おいて水気を絞ります。
  3. れんこんは、皮をむき、薄くいちょう切りにして、水に1〜2分さらします。プチトマトはヘタを取ります。にんにく、パセリはみじん切り、赤唐辛子は種を取り、小口切りにします。
  4. 鍋にたっぷりの湯を沸し、塩を加えます。プチトマトをさっと湯にくぐらせた後、水に通して湯むきし、れんこんを5〜6分茹でます。
  5. スパゲッティを表示通りにゆでます。ゆで汁1/2カップをとります。
  6. フライパンにオリーブオイルを熱して、なすをしんなりするまで炒め、にんにく、赤唐辛子、豚肉を炒めます。れんこん、プチトマトも入れ、ゆで汁を加えて3〜4分煮ます。
  7. いしるで味付けし、スパゲッティを加えて和え、最後にパセリを振ります。
<加賀れんこん、ヘタ紫なす>
食材協賛:金沢市農産物ブランド協会

<加賀れんこん>

加賀れんこんは、でんぷん質が多く粘りが強いのが特長で、太くて節間が短く肉厚です。特に先の方の二節がおいしい。8月下旬から翌年の5月中旬まで地元の市場をはじめ、県外にも出荷されています。

<ヘタ紫なす>

ヘタ紫なすは、その名のとおり、ヘタの下まで紫色になる単卵形の小なすです。そのうえ色やつや、日持ちがよく、皮も薄くて果肉が柔らかく甘みがあるのが特徴です。一夜漬け、やど着け、煮物に最適で、地元でよく食べられています。

講師プロフィール

田口 成子 先生
基本をきちんとふまえた上で、作りやすくて味のよい家庭料理を提案する料理研究家。ひと手間・ひと工夫でさらにおいしくなるレシピに定評がある。イタリアにも1年間滞在し、家庭料理を学ぶ。
おさかなマイスターの一面も持っており、魚料理を得意としている。地域の女性センターなどで子どもたちに料理指導をするかたわら、雑誌、テレビでも活躍中。

<主な著書・テレビ出演>
「人気のパスタ」(主婦の友社)、「切り身魚クッキング」(家の光協会)他
NHK「今日の料理」、日本テレビ「キューピー3分クッキング」出演など。