HOMEご当地パスタレシピ > 広島菜とちりめんじゃこのパスタ

広島県 ご当地食材 広島市 「川内広島菜」

広島菜とちりめんじゃこのパスタ

材料

(4人分)
  • スパゲッティ
    250g
  • 川内の広島菜漬け
    100g
  • 音戸のちりめんじゃこ
    50g
  • 三原のわけぎ
    4本
  • しょうが
    1片
  • にんにく
    1片
  • 赤唐辛子
    1本
  • オリーブオイル
    大さじ2
  • 西条の日本酒
    大さじ3
  • 白ごま
    少々
  • 少々
  • 黒こしょう
    少々

作り方

  1. 広島菜漬けは水洗いして、粗みじん切りにし軽くしぼっておく。(ミキサーでオリーブオイルを少々入れてペースト状にしてもよい)
  2. わけぎは斜め切りにし、白い部分と青い部分に分けておく。
  3. しょうが、にんにくはみじん切り、赤唐辛子は2つに切り種をとる。
  4. スパゲッティは塩を加えた、たっぷりの湯でアルデンテにゆでる。
  5. 鍋にオリーブオイル、3のしょうが、にんにく、赤唐辛子をいれ弱火にかけ、ニンニクが軽く色づいたら1の広島菜漬け、ちりめんじゃこ、2のわけぎの青い部分をいれてサッと炒め、塩、黒こしょうで味を調え、皿に盛りごまをふる。
広島市のご当地食材「広島菜」
後援・協賛:JA広島市・JA広島中央会

「信州の野沢菜」、「九州の高菜」と並び、日本三大菜と呼ばれている「広島・川内の広島菜」。アブラナ科に属し、従来の「京菜」と区別して「平茎(ひらぐき)」とも呼ばれています。
そのまま食材として使われることはまれで、特定生産農家により契約栽培された原菜をもとに、広島の冬の味覚を代表する川内の特産物『広島菜漬』として加工され、みなさまの食卓でご賞味いただいています。
広島菜の伝統的な産地として130年の歴史を誇る安佐南区川内地区の「広島菜」は、「京菜」と比べ柔らかく、シャキシャキとした歯ごたえと、ピリッとした辛みとほろ苦い風味が特徴です。

講師プロフィール

小出 義明 先生
小出料理学園 代表/おいしいもの商品開発研究所 所長/食育食治料理研究家。
昭和61年、(有)小出料理学園を設立。
地元「テレビ新広島(TSS)」をはじめ、県内の各TV局の料理番組や「広島FM放送」のレギュラーを長年勤めるなど出演は多数。
また、県紙・中国新聞をはじめ、各種新聞・雑誌のコラムへの執筆や、『料理は心と味のファッション』等の著書も多数。
平成5・8年には秋篠宮殿下がキョーリョウピン会社見学の折り、お食事を担当するなどの実績を持つ。
現在は、食育食治料理研究家 栄養士として、「広島ガス」や「中国電力」をはじめ、各食品メーカーの料理講習会、新聞社後援の料理講習会等の講師を務める。