HOMEご当地パスタレシピ > 博多ぶなしめじと梨のラグーペンネ

福岡県 ご当地食材 福岡市 「博多ぶなしめじ」

博多ぶなしめじと梨のラグーペンネ

材料

(4人分)
  • ショートパスタ
    (ペンネ)
    70g
  • 豚ロース厚切り
    150g
  • 博多ぶなしめじ
    50g
  • なす
    1/2本
  • 玉ねぎ
    1/4個
  • 人参
    15g
  • トマト水煮
    1/2缶(100g)
  • 1/2個
  • にんにく
    1/2片
  • チーズ
    25g
  • オリーブ油
    大さじ2
  • コンソメ
    1/2個
  • 赤ワイン
    1/4カップ
  • ハーブソルト
    少々

作り方

  1. 大きめのお鍋に湯を沸かし、適量の塩を加えて、ショートパスタをパラパラと入れる。くっつかないように時々箸で混ぜる。
  2. 豚肉とチーズは1センチ角に切る。にんにくと玉ねぎは薄切り、人参はみじん切りにする。梨の半分は皮をむき7ミリほどの角切り、なすは2センチ幅のいちょう切りにする。
  3. フライパンにオリーブ油をひいて、にんにく、玉ねぎ、人参を炒める。しんなりしたら豚肉を加え炒める。
  4. 豚肉に火が通ったら赤ワインを加える。全体になじんだら、トマト、コンソメを加え、トマトをつぶしながら中火で煮込む。途中、ほぐしたぶなしめじ、梨、なすを加える。
  5. 程良く煮詰まったら、チーズを混ぜ、ハーブソルトで味を調える。
  6. ゆで上がったショートパスタを加え良く和え、残り半分の梨をカットして添える。お好みでバジルなどハーブを散らして出来上がり。
<博多ぶなしめじ>
後援・協賛:JA全農ふくれん、福岡県農林水産物ブランド化推進協議会

福岡県は長野県、新潟県に続くきのこの生産県で、40年近い歴史のある産地です。ぶなしめじも西日本一の生産を誇り、「博多ぶなしめじ」はJA福岡大城で生産されています。
「博多ぶなしめじ」は、苦みの少ない菌を培養したオリジナル品種を利用しており、また、空調施設を備えた清潔な室内で、温度や湿度などの環境をコントロールして大切に育てています。うま味成分を多く含む「博多ぶなしめじ」、プラスするだけで様々な料理が美味しさを増します。

講師プロフィール

徳永 睦子 先生
1990年に有限会社フーディアムトクナガを設立。
“食のコンサルティング・ファーム”としてのビジョンを掲げ、食育事業、商品開発コンサルティング、商品事業を開始。企業のレシピ開発や商品開発をはじめ、食品メーカーの開発担当者の指導、商品開発への参画及びフードコーディネート、食文化フォーラムのプランニング等の活動を展開している。
JAをはじめ、地域企業とともに、講演や料理教室を通じ、地域の食育活動に積極的に取り組み、地産地消、地域特産品の普及にも力をそそぎ、21世紀を支える食文化への提言などを行っている。
現在は、「一般社団法人 お茶結びプロジェクト」理事長、世界緑茶協会顧問でもあり、食育、茶育を通してお茶で九州をひとつに結び、活性化を推進している。
<主な実績(著書・テレビ出演等)>
【テレビ出演】
・鹿児島MBC放送専属料理講師(1971年〜1985年)
・KBC九州朝日放送料理番組を担当(1987年〜1995年)
【レシピ・コラム掲載】
・エフコープアップルファミリー(現クリム)(1985年〜現在)
・エフカタログ、よみうりクッキングファミリーの料理製作・監修 他多数
【主な著書】
・『いちご大好き!幸せレシピ』(株式会社素朴社:2007年)
・『New testes Green tea』
(講談社インターナショナル株式会社:英語版/日本茶〜新しい魅力と愉しみ方:2004年) など他多数