HOME学校給食レシピ学校給食向けレシピ一覧 >トマトの簡単オーブンパスタ

管理栄養士・栄養士さん必見の学校給食向けパスタレシピを紹介!

トマトの簡単オーブンパスタ

トマトソースの材料をオーブンで焼くだけで作れる手軽さが魅力。

材料(4人分)

エネルギー(1人分): 484kcal

スパゲッティ(1.3o)
(またはリングイーネなど)
320g
塩(ゆで湯用) ゆで湯の0.9%
ミニトマト 150g
トマト水煮缶の果肉のみ 250g
にんにく 2片
松の実 40g
イタリアンパセリまたはパセリ 35g
2g
こしょう(黒) 適宜
オリーブオイル
(できればEXバージンオイル)
40ml
好みでパルメザンチーズ 12g

レシピイメージです。

作り方

1.
パスタはたっぷりの湯に分量の塩を入れ、アルデンテよりやや硬めにゆでる。
2.
ミニトマトは横半分に切り、ヘタをとり耐熱容器に入れる。トマト水煮缶の果肉は、種とヘタを取り軽くつぶし、器へ入れる。にんにくはみじん切り、パセリは葉先を粗みじんにし、トマトの上にのせ、松の実、塩、こしょうをふる。焼く直前にオリーブオイルをかける。オーブン180度で25〜30分程焼く。
3.
2のトマトが焼き上がったら1のパスタの湯をしっかり切ったものを加えよくトマトをつぶしながら混ぜる。
★柔らかめの季節の野菜を加えたり、ハム、ソーセージ、肉、白身魚等を加えても美味しい。
ただし、量、種類を多く入れ過ぎるとパスタが伸びやすいので注意。

幼児の場合のアレンジポイント

パスタをショートパスタ(楽しめてきちんと噛んで食べてもらえるもの)にする。
ツナ、ハム、ソーセージ、またはブロッコリー、カリフラワーを少し柔らかめに茹でて加えてもよい。(入れ過ぎないように)

年配者の場合のアレンジポイント

パスタをショートパスタ(楽しめてきちんと噛んで食べてもらえるもの)にする。
ショートパスタは好みの固さに茹でる。ソースとパスタを和えてオーブン焼きにする前にパスタの温かい茹で汁を加えると食べやすい。チーズの量も調整する。